1.2.step
管理人Kazamiの日常をグダグダ伝えていきます。 あなたのコメントが僕を救う
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢でキスキスキス キスキスキス
いつでもどこまでも♪

昨日と今日、保育園に行ってきました。
何時もと違う、S保育園。
今回は自由保育に近い形の保育園だったので、がっつり遊んできました
よ^^
ってことで、うんざりする事受けあい!!!
今回の反省2日分行きます!!

①折り紙
折り紙で遊んでいました。
すると、Y君がNちゃんに『折り紙を貸して』と言ってました。
しかし、Nちゃんは『もう(お道具箱に)しまったよ』と言って貸しません
でした。

しばらくしてY 君が泣いてしまったので、僕が介入しました。
『折り紙、もう無くなったよ』と言うNちゃん。
折り紙は、ゴムで無造作に縛られていました。
そこで僕は『ねぇ、折り紙ゴムで縛ってたよね。だから、そのゴムを
見せて。もしそのゴムに折り紙が無かったら、Yは仕方ないよね。
だって無いんだもん。
じゃあ、Nちゃん見せて頂戴。』
と言いました。
そして、お道具箱を開けてゴムだけ持ってきたNちゃん。
折り紙があるのに、ゴムだけ持ってきました。
『あれ~、Nちゃん、お道具箱見せて。
これ折り紙じゃない??』
と僕が言うと、Nちゃんは急に、糸が切れたように泣いてしまいました。

そのため、嘘をつかないでね、といった声掛けをして終わった気が
します。


今回は、介入が遅すぎたのが反省点にあると思います。
もっと早かったら、Nちゃんが折り紙をしまう前だったら・・・・・・。
と考えます。

しかし、もっと重要な点はYちゃんが子ども達の中で地位が低いことに
あると感じます。
だからこそ、なめられて嘘をつかれてしまった。
そしてNちゃん的には、その嘘がばれて、しかも始めてあった男の先生に。
そこでビックリして急に泣いてしまったんだと感じます。

Yちゃんはゆっくりとした性格であるため、どうしてもワンテンポ
遅れ気味。
しかもカツゼツも悪いため、良く聴き辛く、Yちゃんのお話を途中で切る
職員さんが多かったです。
Y君が話しかけてきたのに、何時も一方的に話を切られる。
そういった状況を他児が見ていたら『ぁ、会話を切られるような存在
なんだな』と思って当然。
そういった、子ども達の中で地位が低くなる要因が、潜在していて、
ようやく表に出かかった一軒だと感じました。

そういう意味では価値のある一軒です。
しかし、そういうことが無くても、気付ける保育士でありたいですね。
そして、こういった複雑に絡まった状況で介入してしまったとき。
子どもたちはいまいち状況を理解しづらいので、所々で話を切るなど
して、分かりやすく話を進めて行きたいです^^


って感じでね。
もっとあったけど、長かったので、vol.2に続きます。
続くかもしれないし、しんどかったらこれでお終い。

今回は、明らかに高機能自閉症の子がいて、貴重なボランティアに
なりました。
しかし、その子との家庭との連携をまだとっていない状況でした。
もっとその連携をとって、病院との連携もとれた状況で話を聞き
たかったです^^

職員さんにはもちろん、子どもたちからの学びが多いボラでした。
また次の保育所でもがんばります!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボランティアお疲れ様です。がんばっているKazamiさんの文を読むと、自分もうかうかしていられないなーと思います。
タイトルとは関係ない真剣な内容がいいですね。このぎゃぷが良いです。
あと一軒は、一件ではないですかね。
2006/09/06(水) 00:11:47 | URL | アラキット #-[ 編集]
ぁっ!マイメン!
アラキットさん!!

うん。この経験が就職に繫がると良いんだけどね^^;;;;
まぁ、とりあえずやるだけやってみます!!
そして、このぎゃぷは良い味だしてるでしょやべに。

ぁ、一軒は一件でしたね。
軒先感覚になってしまいました(?)
本当に申し訳ありません。
この間違いは一生を掛けて訂正いたしたいと思う所存でございますm(_ _)m



ヤベーッ!!
普通に間違えてたよ^^;;;;;;;;;;;
2006/09/06(水) 00:33:33 | URL | Kazami #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。