1.2.step
管理人Kazamiの日常をグダグダ伝えていきます。 あなたのコメントが僕を救う
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年8月17日の保育。
こんばんは^^
夜道を歩くと絶対に蜘蛛の巣に引っかかるKazamiです。
靴はスパイダーマン色だけど、スパイダーは許さない。

きょう何時ものN保育園にボランティアに行ってきました。
そのときの事を徒然なるままに書いていきますよ!


①プールで
今日は暑かったので、園にあるプールに入りました。
みんなバシャバシャやってすっごく楽しそう^^

で、ある子が数人のグループで『あたしラッコのお母さんね(私じゃなく
「あたし」って言ってた。大人のことを良く見ているね^^)』
『じゃああたしは・・・・・・』とかいって遊んでた。

水遊びと言ったら、水鉄砲や水を掛け合ったり泳いだり・・・。
大体に絞られると感じたけど、まさかそんなごっこ遊びがあるとは!!
子どもの発想の豊かさを改めて確認しました。


また、オイラはプールでの援助が下手!
当然、プールに一緒に入るのは初めてなので、下手で当たり前。
けど、やっぱり自分のスキルの無さを痛感します^^;

先輩の職員さんは足を広げて、そこをトンネルにして、くぐる遊びを
していました。(水は膝まで位の深さなので)
オイラにとって、プールの遊びはある程度限られると感じていたため、
そんな日常的な遊びを応用するなんて、流石だと感じた。
やっぱりスキルが違うね。

援助が下手なのは当然。
資料も少ないと思うので、勉強するのも難しそう。
けど、先ずはシャワーの浴び方などの手順を覚えて、その上で援助を
行っていきたい


②基本
午睡時に、背中をトントンしてたら、Nちゃんがずっとお喋りをしていた。
また、それだけでなく隣のYちゃんにも喋りかけたりしていた。
いい加減長く、また声も大きくなってきたので、他児に迷惑がかかる
と感じ、
『Nちゃん、まだ寝ないの??Yちゃんにちょっかい出さないで~』
と注意した。
すると、怯えたような表情で私を見つめていた。
しかし、そのご眠りについて、起きた直後は何時も通りの態度だった。

Nちゃんは、怒られるといつも不安そうな、怯えたような表情をする。
今回も似ていたが、なにより私の声掛けが最悪だ。
『なぜ、寝ないのか、寝ないとだめなのか。』その『なぜ』の部分が
全く伝えられていない。
自分の気持ちしか伝えていない。
それでは、しかられた後の気持ち悪さだけが残るのではないか。

『なぜ』の部分を伝えるのは、注意掛けや声掛けでは基本のことである。
その基本を守れなかったのはショックではあったが、ショックを
受けている時間は無いと感じる。
2度とこう言う事が無いように、気をつけて声掛けをしていきたい。
決して、変に慣れることなく、しっかりと配慮された言葉を考えて
コミュニケーションをとっていきたい。



今日は3ヶ月ぶりくらいに現場に入る。
そのため、やはり戸惑いは大きかった。
だが、それが気にならないほどに楽しかった^^
明日も様々な学びがあると思うので、いろいろを学んで行きたい^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。