1.2.step
管理人Kazamiの日常をグダグダ伝えていきます。 あなたのコメントが僕を救う
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フトン
フトンを敷く作業一つとっても、保育士のスキルが試されます。

昨日、月曜日は、シーツを布団に敷く日。
土曜日に持って帰った、フカフカのシーツを布団に敷いて、全員分の布団を敷き詰めます。
だから、時間はかかります。
しかしながら、子供たちがトイレから帰ってくるまでに敷き詰めないといけません。
じゃないと、スムーズに布団に入れず、眠れないからです。


昨日は、ちょっと敷くのが遅くなりまだ敷いてない状態で子供たちがクラスに入ってきました。
まだ敷けてないから、みんなフトンに入ろうとせず、あちこちへうろうろしちゃってます。
これでは睡眠時間が少なくなります。
それにより午後の活動の活発具合も変わってきます。
遊びを通じて発達を促すのが保育なら、保育の本質的部分にも関わってくることではないでしょうか。


たしかに新人なので作業が遅いのは仕方ないことかもしれません。
けど、それだけじゃなくて、その作業を早く行うためのポイントなどもしっかり学んでいきたいと感じています。
これは僕に任された仕事なので、他の人の作業を観察して吸収するのは難しいことです。
その分、他の職員の方との連携を大切にして行きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
新人が要領を得ないのは仕方がないね。経験しなければスキルはあがらない。
だけどその経験の少なさをいかに補っていくかだよね。
どうすれば早くできるか。
どうすればうまくなるのか。
まずは学ぶこと、観察することが仕事だね。お互いに。
2007/04/11(水) 22:46:54 | URL | 瞬 #-[ 編集]
うん、そうだよね。
観察が大切になるよね^^

う~ん・・・・・・・けど、それ以上を求められるのも早くて困るね^^;
まぁ、まったりと頑張ろうぜ^^
2007/04/13(金) 19:48:23 | URL | Kazami #6Y5jgf3c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。