1.2.step
管理人Kazamiの日常をグダグダ伝えていきます。 あなたのコメントが僕を救う
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自然
再来週にも、保育園のボランティアに行く事に決まりました。
もちろん地元・青森。
で、今回は青森市にあります。
昨日、説明を聞きに、睡眠時間2時間半・片道1時間を掛けて行ってまい
りました!!!!!

その保育園は、山の中に在ります。
先ず行ったら昼飯を奢ってもらいました。
昼飯は食べたって言ったのに『昼飯食べてからだっ!』って言われたら
食うしかないわ。

ちなみにメニューは
『小豆ごはん(赤飯ではないんだけど、一緒に蒸した感じ)』
『玉ねぎの炒め物』
『高菜と海苔の和え物』
『しいたけと芋の味噌汁』

です。

ものすごく質素!!
けど、これって日本人の本来の食事の形に近いと感じます。

山の中にあって園庭には、遊具のほかに、ウサギやアヒル、
キジがいて、豚と牛も育てていました。

こんな暮らしなので、園児たちも本当にのびのびしています。
どうにも『のびのび』って言葉を使うと嘘くさくなるけど、本当に自由
にのびのびしていたんだから、そう表現するしかない。

自我を出すのに、怒ったりしない。
誰も何も言ってないのに3歳児が列をつくって待っていられる。
それほどのびのびと発達が育まれてました。


なぜそんな、小学校に上がることを考えると邪道と言われても仕方な
いような保育をしているのか、尋ねました。
すると、園長曰く。

はじめの内は、普通に保育をしていたそうです。
しかし、登園したら『おはようございます』の挨拶。
声が小さかったらやり直し。
けど、眠いんだから、しかも大好きな親と離れるんだから。
声が小さくなってあたりまえ。
だからまた挨拶すると、また怒られる
これでは保育園の玄関は玄関じゃなくて関所だ、と。

それに対して疑問を感じ、色んなところを見てまわったそうです。
それで、今のように自然食を取り入れた食事。
午前中の睡眠。
自然を通じた育ち、等を取り入れたようです。

素晴らしい保育観だと感じます。
聞いてる最中に感動して泣きそうになってました。



もう、例えようがないくらいに素晴らしい保育園だと感じました。
ここの保育園で勉強できるのは、自分の保育人生を変えること、と
言っても良い位の保育園です。

もっともっと勉強して、しっかりと目標を持って頑張りたいと思います!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんかNHKのドキュメンタリーに出てきそうなくらい素敵な保育園だね!kazamiさんの意欲がびしびし伝わってきました。
遠く離れた仙台とかで応援しております・・。
2006/12/01(金) 18:55:07 | URL | ゆーた #-[ 編集]
おぉっ!
こんな長い文章、読んでくれてありがとう!

うん。
地元の新聞には何回か載ってるらしいよ^^
ってか、その保育園の方針もそうだけど、園長先生が熱いよね!!
マジで魅力的でした^^

応援、あざ~す^^
2006/12/01(金) 22:16:11 | URL | Kazami #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。