1.2.step
管理人Kazamiの日常をグダグダ伝えていきます。 あなたのコメントが僕を救う
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEAMO『Live Goes On』

1.What's Your Name?
2.ルパン・ザ・ファイヤー
3.海の家
4.Mr. Girl Hunter
5.ANTI HERO featuring KURO(from HOME MADE 家族)
6.心の声 featuring AZU
7.アナウンス~Interlude~
8.Rhyme Jet Coaster
9.怒りの鉄槌 featuring 長州小力
10.Champion Road
11.Twilight Gemini
12.Golden Time featuring カルテット&手裏剣ジェット
13.マタアイマショウ
14.オヤスMidnight
15.ルパン・ザ・ファイヤー(Big Band Version)
16.マタアイマショウ(Orchestral Version)



SEAMOのメジャーデビュー後2枚目のアルバム。
『何故、ここまで(マタアイマショウが)売れてるのか、
スタッフ共々分からない』

と、本人も戸惑うほどに今注目されている。
そのためヒップホップのソロアーティストとしてはKREVAに続いて2人目
のオリコン初登場1位を獲得しました。

そんな中でリリースされたアルバム。
流石に、中身も期待通りの出来です。

低いトラックに押韻を意識したフックがヒップホップ的な5曲目
また、マイクリレーが堪能できる12曲目
ヒップホップ的と言えるのではないか。
最近飽和状態にあるマイクリレー形式の曲だが、トラックの展開性からか、
飽きずに聴ける。
他にもマタアイマショウと似た雰囲気で泣ける11曲目
某『さくら』でブレイクしたアーティストに似た雰囲気でゆったり出来る3曲目
などなど。

特筆すべきは6曲目
トラックの沈黙をフックとかでなく、アクセントとして使うのは今まで
のヒップホップの曲を考えても新鮮なノリ方をしていると感じる。
また、フックを担当しているAZUの声も美しく、歌が上手。
ソロで音源を出しても十分聞けるほどの実力だと感じる。
今年聞いた曲の中でも1位2位を争うほどの名曲だ。

ちなみに、現在YAHOO!動画でPVを見れるので、是非視聴してみて欲しい。
http://streaming.yahoo.co.jp/c/y/mic/10063/1006300005/
↑に飛んで、オレンジ色の『動画を見る』をクリック!


トラックは特に印象的なのは無かったが、全ての曲がきちんと
造り込まれており、完成度の高い楽曲郡になっている。
ふと聴いただけでは似通ってしまいがちな軽いトラック郡に左右されず
様々な表情が見れたのはSEAMOだからこそなせる業ではないか。

総じて、完成度の高いアルバムだと感じる。
いやでも高まっている期待に対して、この完成度で返されるとは正直
驚いた。
星は9.0
初めは飽きやすいかな、と感じたが未だに飽きずに聴けてます。
かなりの良版。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。